NEWS

NEWS

2020.08.25

新型コロナウイルス感染症軽症患者搬送車両を無償貸与 日産グループ×大阪府

写真:覚書を交わす日産自動車株式会社 神田 理事(リモートで参加)と大阪府 藤井 健康医療部長

   

大阪府は、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制し、府民のいのちとくらしを守るため様々な対策に取り組んでいる。

その一環として、6月に府と包括連携協定を締結した日産大阪販売株式会社を通じて、日産自動車株式会社、日産車体株式会社及び株式会社オートワークス京都より、「新型コロナウイルス感染症軽症患者搬送車両(NV350キャラバン架装車)」の無償貸与を受けることになり、その車両貸与式が、令和2年8月24日に大阪府知事公館で行われた。

   

写真左から、日産大阪販売株式会社 増田 専務、同 白土 代表取締役社長、株式会社オートワークス京都 内海 常務取締役、日産車体株式会社 中西 常務取締役、日産自動車株式会社 神田 理事、大阪府 藤井 健康医療部長、同 感染症対策課 鳥井 課長

   

車両貸与式では、日産自動車株式会社と大阪府の間で覚書が取り交わされたほか、貸与される患者搬送車両の説明が行われた。

貸与される「新型コロナウイルス感染症軽症患者搬送車両」は、日産のグループ会社である日産車体と株式会社オートワークス京都が作製したもので、「NV350 キャラバン」に、後部座席とドライバー席を隔てるパーテーションパネルの設置や、後部座席に換気扇を設置し陰圧とすることで運転席側への空気の流入を防止するなど、飛沫感染を抑制する特別な架装が施されている。

   

   

横浜市の日産自動車株式会社本部からリモートで参加した神田 昌明 理事は「都市部を中心に全国的に新型コロナの感染はまだ続いており、コロナとの戦いは収束の兆しが見えない。日産グループは政府や自治体の要請に基づき、関係者と連携し、新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めていきたい。」と話した。

   

また、日産大阪販売株式会社の白土 貴久 代表取締役社長は、「6月に大阪府と締結した包括連携協定をきっかけに、日産グループ全体の協力のもと、患者搬送車両の貸与が実現し、大阪府に貢献できたことを非常に嬉しく思う。引き続き、大阪府と密な対話を継続して、府内101の全拠点で最大限の協力をさせていただく所存です。」と語った。

   

大阪府の藤井 睦子 健康医療部長は、「この度の患者搬送車両の無償貸与の申し出に心から感謝申し上げる。大阪府内のコロナ陽性患者が7月以降増えていることから、搬送体制の整備は大阪府にとって急務であった。患者搬送車両を無償貸与いただけることは、府内の搬送体制の一層の強化につながる。いただいたご好意は、府民のしっかりとした療養に活用していきたい。」と想いを語った。

   

   

■各種リンク

大阪府ホームページ:日産グループと新型コロナウイルス感染症軽症患者搬送車両の貸与式を行います
大阪府ホームページ:日産大阪販売株式会社との包括連携協定を締結しました!
日産大阪販売株式会社
日産自動車株式会社
日産車体株式会社
株式会社オートワークス京都

   

■問い合わせ

健康医療部  保健医療室感染症対策課  個別事象対応グループ 
ダイヤルイン番号:06-4397-3238 
メールアドレス:kansenshotaisaku-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp