NEWS

NEWS

2020.11.18

〜11月は児童虐待防止推進月間〜 重大な児童虐待「ゼロ」に向けて『オール大阪』で取り組む 児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン 大阪府

大阪府では、ひとりでも多くの府民に、児童虐待防止のために何ができるのかを考え、行動する機運を高めていただくため、今年度も児童虐待防止推進月間である11月を中心に、「児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン」を実施している。
 
令和元年8月には大阪児童虐待防止推進会議を設置。重大な児童虐待「ゼロ」宣言が採択され、児童虐待事案の未然防止・早期発見・早期対応にオール大阪で取り組み、重大な児童虐待ゼロの実現をめざす中、今回の児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーンでは、大阪府の全首長が、児童虐待防止・オレンジリボン啓発ジャンバーを着用し、各市町村において児童虐待防止を訴える。

また、大阪府と包括連携協定を締結している各企業等での啓発活動や、株式会社ガンバ大阪との連携では、ガンバ大阪宮本恒靖監督からのメッセージ動画を大阪府ホームページに掲載し、令和2年11月14日(土曜日)には、試合会場Panasonic Stadium Suita(パナソニック スタジアム 吹田)のオーロラビジョンにて放映も行われるなど、「オール大阪」での広報活動が進められている。

※令和2年度「児童虐待防止推進月間」オレンジリボンキャンペーンの実施概要については、大阪府ホームページを参照。
 
【オレンジ色の花火打上げ (協力)葛城煙火株式会社】
令和2年11月17日(火曜日)には万博記念公園で、葛城煙火株式会社の協力により、児童虐待防止への思いを込めたシンボルカラーであるオレンジ色の花火が約1分間(約50発)打ち上げられた。

写真提供:葛城煙火株式会社

 

■各種リンク
大阪府ホームページ:令和2年度「児童虐待防止推進月間」オレンジリボンキャンペーンの実施概要
葛城煙火株式会社ホームページ

 

■問い合わせ

大阪府 福祉部 子ども室 家庭支援課 相談支援グループ 
ダイヤルイン番号:06-6944-6675