• NEWS
  • おすすめ記事

第2回SDGsギネス世界記録(TM)チャレンジ「環境サステナビリティレッスンとOSAKA SDGsダンスでギネス世界記録へ挑戦!」 令和4年1月16日開催 【大阪府 × OSAKA MEIKAN】

“OSAKA子どもの夢”応援事業について説明する大阪府 吉村洋文知事(大阪府庁で撮影)

■環境・ゼロカーボンをテーマに子どもたちがギネス世界記録へ挑戦

大阪府が参画している公民連携の取組みの一つ、OSAKA MEIKAN実行委員会は、子どもたちの成功体験の機会創出、 子どもたちの「やり抜く力」の養成、大阪の飛躍・発展を支える次世代の育成を目的とし、”OSAKA子どもの夢“応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~を令和4年1月16日(日曜日)に開催。
参加申込は特設ホームページから可能 URL:https://osakaguinness.com

昨年度に続く第2回の今回は、昨今、日本含め世界全体で重要課題となっている「環境・ゼロカーボン」をテーマに、「YouTubeで環境サステナビリティレッスンのライブストリームを視聴した最多人数」< Most viewers of an environmental sustainability lesson livestream on YouTube >でのギネス世界記録へ挑戦する。

昨年度(第1回)は「食・おにぎり」をテーマに、「オンラインで同時におにぎりを作った最多人数」(Most people making rice balls online simultaneously)に挑戦し、ギネス世界記録を達成している。(詳細は、OSAKA MEIKAN NEWS
 

■気象予報士・蓬莱大介さんのセミナー・振付師akaneさんのダンスも

今回の挑戦は、①環境サステナビリティレッスン(脱炭素に関するセミナー)では、大阪府職員と気象予報士・蓬莱大介さんによるセミナーを実施。②OSAKA SDGsダンスでは、「バブリーダンス」で一世風靡した振付師akaneさんがSDGsギネス世界記録チャレンジ用に制作したOSAKA SDGsダンスを参加者の子どもたち全員で踊るというもので、挑戦当日の様子はYouTubeでライブ配信され、その瞬間視聴者数の最多人数でギネス世界記録へ挑戦する。
また、後日読売テレビにて地上波放送を予定している。
 
「子どもたちにとって、ギネス世界記録チャレンジという体験は、かけがえのない一生の宝物になります!この挑戦を通じて、将来において夢や志を持って粘り強くチャレンジする力を育む機会になれば嬉しいです。そして、たくさんの子どもたちにSDGsや環境・ゼロカーボン について学んでもらい、SDGsの取組みの啓発・活動推進に繋げ、大阪・日本、世界が抱える社会課題解決や、将来にわたり大阪の飛躍、発展を支える人づくりに繋げることができればと考えています。」と担当者。
 
参加対象は、小学1年生から6年生までの児童で、定員は2,000名(申込先着順)。
事業詳細などは下記のとおりで、参加者募集(参加費無料)は、令和3年11月2日(火曜日)から特設ホームページで募集している。


 
1.概要(挑戦内容・日時):
挑戦内容:「YouTubeで環境サステナビリティレッスンのライブストリームを視聴した最多人数」
(Most viewers of an environmental sustainability lesson livestream on YouTube)
脱炭素に関するセミナーを10分以上放映し、その瞬間視聴者数の最多人数でギネス世界記録へ挑戦します!
(1)大阪府職員と気象予報士・蓬莱大介さんによる環境セミナー
(2)振付師akaneさんによる「OSAKA SDGsダンス(※)」レッスン
(※)子どもたちにSDGsについて楽しく学んでもらうため、振付師akaneさんが制作したダンス。
 
日時:令和4年1月16日(日曜日)正午から午後3時まで
※リモート配信により開催(ウェブ会議システムZoomを使用)
※挑戦の様子は、後日、読売テレビにて地上波放送を予定。
 
対象:
小学1年生から6年生
 
定員:
2,000名(先着順)
 
参加費用:
無料
 
主催:
OSAKA MEIKAN実行委員会
 
共催:
大阪府
 
協賛:
リマテックホールディングス株式会社、太陽工業株式会社、日産大阪販売株式会社、株式会社アカカベ、明治安田生命保険相互会社、不二製油グループ本社株式会社、不二製油株式会社、三和シヤッター工業株式会社、山陽製紙株式会社 他
 
協力:
株式会社rtv、株式会社F.C.大阪、OSAKAゼロカーボンファウンデーション、株式会社ユニエイム、讀賣テレビ放送株式会社、リディアダンスアカデミー
 
サポーター:
ALLIGATOR JAPAN株式会社、株式会社池田泉州銀行、株式会社ECC、株式会社尾崎スイミングスクール、コンピューターマネージメント株式会社、サムティ株式会社、株式会社スギ薬局、損害保険ジャパン株式会社、ダイドードリンコ株式会社
 
後援:
外務省、環境省近畿地方環境事務所、2025年日本国際博覧会協会、関西SDGsプラットフォーム
 
2.申し込み方法
「”OSAKA子どもの夢”応援事業WEBサイト」からお申込み。※先着順
 
3.問い合わせ先
OSAKA MEIKAN実行委員会事務局 (”OSAKA子どもの夢”応援事業担当)



■問い合わせ

OSAKA MEIKAN実行委員会事務局(”OSAKA子どもの夢”応援事業担当)
MAIL:sdgs@meikan.osaka 
WEB : https://osakaguinness.com