• 配信動画

第2回おおさかNo-1グランプリファイナル 生中継

大阪農業の成長産業化に向けて、農業関係機関や民間企業との連携のもと、経営マインドにあふれ、経営能力の高い農業経営者を育成することが必要です。
 そこで、若手農業者のチャレンジ意欲の喚起、企画・営業・プレゼンテーション能力の向上及び先駆的で波及性のある経営モデルの構築に向けて、経営強化プランのコンテストを開催し、優秀者を表彰する農業者チャレンジプロポーザル事業「おおさかNo-1グランプリ」を昨年に引き続き開催します。
 優秀者にはJAグループ大阪や協賛企業から提供される資金や技術等を活用し、経営強化プランの実現を支援します。

2月4日(日)に行われる「第2回おおさかNo-1グランプリファイナル」の模様を松下IMPホールから生中継でお届けします。

◆開催内容:
13:00 開会・特別講演
14:15 プレゼンテーション
16:00 昨年度受賞者より報告
16:30 結果発表・表彰式

\ファイナリストに選ばれた8名はこちら!/(五十音順 発表順は当日抽選により決定!)
浅岡弘二(富田林市)
都市農業×大阪トマト祭り×熱い想い
井関俊輔(池田市)
アイガモ農法での年間米作り体験で子どもの食育と年間購買の促進
植田歩(能勢町)
小規模移住農家の挑戦 「飲料製造加工所をつくりたい」
大阪能勢の「山香るコーディアル」でつなぐ都会と里山
大島哲平(枚方市)
イタリアントマトの「ソバージュ栽培」を活用した枚方市「穂谷の里山」からのオモロイ都市農業再生プラン!
中谷仁大(河内長野市)
フレッシュ・ミックスジュースの販売
古川雅英(富田林市)
「大阪なす」を作りこなす 人材を活かしつつ、リレー栽培で販売場所を確保
ブランド力の向上を目指す!
丸山友規(河南町)
人を育て地域を守る新しいカタチの提案
山本真佐人(富田林市)
ブルーベリー観光農園から始まる農業と地域活性化構造の仕組み
人のつながり×楽しいこと=地域活性化